男性

日本語教師になる夢を捨てきれないなら講座に出向こう

婦人

スクール選び

日本語教師になるための、日本語教師養成講座420時間コースを行っているスクールは各地にあります。通学制で半年から1年程度は通い続ける必要があるため、通いやすさはスクール選びで重要なポイントです。また海外での就職を希望するなら、海外の求人に強いかもチェックしましょう。

ウーマン

職に就く方法とは

日本語教師になる為には、日本語教師養成講座420時間コースを修了することが方法のひとつです。講座を行っている学校を探して、およそ1年3ヶ月程通う必用があります。費用は50〜60万円掛かりますが申し込み時期により割引がありますので、学校選びは早めにしましょう。

専門性が求められます

勉学

資格や研修講義を受ける

日本語以外の言語を母国語としている人達に日本語を教える日本語教師。国内外問わず活躍できる日本語教師は、現在注目を集めている仕事です。海外から来日する外国人の数は増え、しかも国内で仕事しながら生活する人も多いので、国内でも日本語教師として働くことは十分可能です。日本語教師になるために必要な資格は、現在のところ存在しません。だから誰でも日本語教師になることはできますが、多様化する教育現場の中では専門性が求められています。日本語学校で日本語教師として採用されるためには、日本語教師養成講座の修了或いは日本語教育能力検定試験合格などが条件となっていることが多いです。養成講座は、国から指針が出されている420時間コースとなっています。養成講座を受けるためには、研修実施スクールに通う必要があります。スクールは東京や大阪に集中していますが、全国主要都市に校舎を設けている大手スクールもあります。いずれの講座でも講義だけではなく、実技や実習の時間があります。半年から1年程度かけて学習を続けるため、時間的にゆとりがある人向けです。日本語教育能力検定試験は、年に1度国内7地域で実施されます。試験は1日で行われ、マークシート式と記述式で行われます。受験資格は特にありませんが、合格率は約25%程度と決して易しい試験ではないため、しっかりした試験対策が求められます。独学でも勉強できますが、試験合格に向けた通信講座があります。通信講座なら自宅で自分のペースで勉強できるためおすすめです。

男性

日本語を教える仕事

日本語教師は、日本語を母国語としない外国人に日本語を教える仕事で、国内、海外、さまざまな場所で活躍できます。日本語教師養成講座420時間コースを修了していることを応募条件としているところは多く、日本語の知識と日本語の教え方の基礎を学べるのでおすすめです。