婦人

日本語教師になる夢を捨てきれないなら講座に出向こう

スクール選び

婦人

いくつかのポイントを確認

多くの日本人学校では日本語教師養成講座修了、或いは日本語教育能力検定試験合格を採用条件としています。日本語教師養成講座とは、日本語教師養成のための標準的な内容について国が指針を示しており、それに沿って行う講座のことです。またこの講座は420時間以上かけて行われているので、420時間コースとも呼ばれています。国の指針のもとで講義が行われているので、どのスクールでも講座の内容に大きな隔たりはありません。通学制のスクールがほとんどであり、半年から1年程度かけて講義が行われます。また基本的なカリキュラムは、理論から始まり実践を経て教育実習へと流れていきます。日本語教師養成講座420時間コースを実施しているスクールはいくつかあり、どこを選んでよいか迷ってしまいます。半年から1年以上かけて通い続けることを考えると、通いやすさが大きなポイントとなります。東京や大阪に住んでいるならば、自宅近くのスクールが良いでしょう。また地方で日本語教師養成講座を実施しているスクールは限られています。そのため全国に展開する大手スクール、或いはWEB講義を行っているスクールがおすすめです。また海外での就職を希望するならば、海外の求人が豊富なスクールで学ぶと希望に沿った就職先を見つけやすいです。通学制の日本語教師養成講座の受講料は、教材費込みで数十万円かかります。決して安い金額ではないため、割引制度を実施しているかなども比較しながらスクールを選んでみましょう。