婦人

日本語教師になる夢を捨てきれないなら講座に出向こう

職に就く方法とは

ウーマン

採用条件とその取得方法

日本語教師とは日本語を母国語としない人々に対し、日本語を教える教師のことをいいます。主な勤務先は日本語学校や大学などです。国内の外国人向けのスクールの他、外国に赴任して日本語を教えるという働き方の選択もあります。 日本語教師に向いているのは、物を教えるスキル以外にも異文化を受け止めることの出来る寛容さを持っている人です。教える相手は勿論日本人ではありません。環境や文化、習慣の違いやコミュニケーションが上手くいかないなどの理由で悩むことも多くあります。世界情勢や異文化の歴史に広く興味を持ち、時には忍耐強く付き合っていく心構えが必要です。また、海外で働きたいと考えているのであれば、食文化や環境への適応力が高い人の方が適しています。 日本語教師になるには教員免許は必要ありません。しいかし、多くは採用条件として日本語教師養成講座420時間コース修了者、日本語教育検定試験合格、大学で日本語教育課程を専攻していることなどを条件としています。その中でも日本語教師養成講座420時間コース修了は、より多くの教育機関で採用基準にされています。 日本語教師養成講座420時間コースを受けることが出来る講座に通うには、講座を実施している学校に通います。費用の相場は50〜60万円の間で申し込みの時期や条件によっては、割引制度を実施している学校も多いので情報収集は早めに行いましょう。420時間となると1年と3ヶ月程は通うことになりますので、通いやすさも含めて学校を選びましょう。