婦人

日本語教師になる夢を捨てきれないなら講座に出向こう

日本語を教える仕事

男性

国内海外でも活躍

日本語教師は、日本語を母国語としない外国人に対して日本語を教える仕事をする人です。世界中で活躍する場があります。例えば国内であれば、日本語学校や大学の留学生に対する日本語教育、インターナショナルスクールや在大使館、最近では外国人を採用している企業においても、日本語教師として働く人がいます。海外においては、現地の日本語学校や発展途上国で日本語を教えたり、日系企業で働く人もいます。日本語教師になるには、正式な教員免許が必要なわけではありません。ただ、日本語の知識、日本語の教え方の基礎がわかっているかどうかが問われ、求人の際に応募条件となることが多いです。応募条件になる項目として、日本語教師養成講座420時間コースの修了者、日本語教育検定試験の合格者、大学日本語教育課程、主・副専攻の修了者、これらのいずれかが条件になることが多いです。中でも日本語教師の求人では、日本語教師養成講座420時間コースの修了者、または日本語教育検定試験の合格者を応募条件としているところがほとんどです。どちらも取得していると有利になりますが、養成講座420時間コースでは、実技演習、教育実習において実際の授業を経験でき、講師からのアドバイスがもらえます。また日本語教育能力検定試験の内容をカバーできることから、養成講座420時間コースを修了していると、日本語の知識と教え方の基礎がわかっていることが証明できます。通学の場合、1年程度で修了できますが、日本語教師として実践的に学べるのでおすすめです。